国産商品を産地直送でお届け。お取り寄せするなら「こっくさん.com」

こっくさん.comの店長の気まぐれブログです。

ショップはこちらへ >>


秋田の郷土料理 きりたんぽ鍋とだまこ鍋

皆さんこんばんは!
こっくさん.com店長の渡邉です。

既に1/16ですが、初ブログということなので・・・、
本年も当店、そしてこのブログ共々宜しくお願い致します!!


それにしましても、先日の大雪には驚きましたね。関東在住ではなかなか雪が積もる経験が少ないので、何かと不便になってしまいます。まだ解けない雪が道路に残っていますが、見ているだけで寒くなるのは気のせいでしょうか。

こんな寒いだからこそ!
そうです、みんなで囲んで食べる「鍋」はとても温まりますよね。心も体もポッカポカになってゆっくり休みたいものです。
ということで、この冬の期間は店長渡邉が期間限定でワタ鍋となって鍋奉行っぷり?を発揮していきたいと思います!

本日のお鍋!
damako1.jpg
これは見たことありますかね!?兄弟分の鍋ならすぐに答えられると思います。ヒントは秋田県の郷土料理!!
正解は・・・

だまこ鍋です!!

だまこ鍋ってご存知ですか?では、きりたんぽ鍋は??
後者は大抵の方は聞いたことがありますよね。むしろ、秋田県の郷土料理=きりたんぽというイメージが大きく浸透している気もします。

では、きりたんぽとだまこの違いって何なのでしょうか!?
それぞれお米をすり潰して、成形していくのは同じですよね。ですが、いくつか違いがありますので、簡単に書いてみますね。

(1)一目瞭然の見た目!
「きりたんぽ」は棒状、「だまこ」はまんまるです。そして、「きりたんぽ」は成形したものの周囲を焼き上げますが、「だまこ」はそのままです。
片や香ばしさが残り、片や焼かないことで「きりたんぽ」に比べると煮崩れしずらいと言われています。この「だまこ」は直径3-4センチの可愛いサイズです。手で持ってみるとこんな感じです。
damako2.jpg


(2)地域
「きりたんぽ」は秋田県北部エリアの鹿角市が発祥と言われ、また比内地鶏の産地である大館市は本場として毎年「きりたんぼまつり」が開催されています。
一方「だまこ」は、八郎潟周辺地域が発祥だとか。また、この「だまこ」が「きりたんぽ」のルーツという説もあるそうです。

秋田の皆さんはこの2種類の鍋に関してはどっち派というのはあるのですかね?是非意見を聞いてみたいですね!

さて、大まかには「きりたんぽ」と「だまこ」の違いがわかったところで、やはり実際に食べてみなくては!!
今回店長ワタ鍋は、初めてとなる「だまこ鍋」を頂きました。

ちなみに!!
今回こっくさん.comで扱わせて頂いている「だまこ鍋」は普通の「だまこ」とはちと違います!何が違うかって!?この「だまこ」にはそば粉が入ってる特製「そばだまこ」なのです!そば粉が入ることによって、食感がより滑らかになり、スープとの相性も更に◎!!そして、お肉はもちろん「比内地鶏」!これはJAあきた北央さんが生産、加工処理しており「秋田県比内地鶏ブランド認証票」を受けている正真正銘の「比内地鶏」です。スープももちろん比内地鶏スープ!しっかりとお肉の旨味を堪能頂けますよ。
そして、今回のセットにはお野菜などの具材も揃っております。内容はセリ、長ネギ、糸こんにゃく、ごぼうに舞茸です。到着したらお野菜を少しだけカットして、後はスープに具材を入れて頂きます!!という簡単セットです!

では、梱包はというと、
damako3.jpg
ネギ、ごぼう、セリなどの長いものが一番上に入ってます。

damako4.jpg
お次に糸こんにゃく&舞茸ちゃん。

全部広げるとこんな感じです。
damako5.jpg

鍋に入れてみるとこんな感じです。3人前セットはちょうど土鍋が3-4人前だったのでピッタリです。
damako6.jpg


ではということで、調理をしますが手順はとても簡単です。
※今回は3人前のセットです。

(1)野菜などの下準備をしましょう!
・ごぼう:ささがきにしてください。
・長ネギ:適当なサイズにカットしてください。
・セリ:長ネギ同様に食べやすいサイズにカットしてください。根はよく洗って同じくカットします。
・糸こんにゃく:軽く下茹でしてください。

(2)具材を入れて火にかけます。
比内地鶏肉、スープ、ごぼう、こんにゃく、舞茸を入れて火にかけます。
※最初はスープ2本分で大丈夫です。

(3)具が煮えたら残りの具材を入れます。
煮えてきたら、長ネギ・セリ・だまこを入れます。この時火加減は弱火で、鍋には蓋をしないようにします。

さぁ、完成しました!アッツアツのお鍋を皆で囲って食べて下さい!
damako1.jpg
到着時には3人前ではちょっと少ないかな?と思いましたが、いざ食べてみるとだまこがしっかりお腹にたまります。ピンポン玉程度と思って侮るなかれ!また、スープは煮詰めてしまうと濃くなってくるのでその時には、お酒とお水を加えるなどして調整してください。
一度お野菜を食べきったら、次はオリジナルの具材を入れて食べるのも良いと思いますよ!スープが余ったら、翌日は秋田つながりで稲庭うどんを入れて食べるのもまた◎です!皆さんのアイデアで色々とアレンジしてみてくださいね!


今回ワタ鍋は男性2名、女性1名の3名で頂きました。
そして、かかった金額ですが、
・だまこ鍋セット3人前 4,750円
・日本酒(高清水 純米大吟醸 1升)3,000円
・お新香 (柚子大根)420円
・追加具材(豆腐・白菜1/2・椎茸・春菊)約700円

合計:2,957円/1人


家で食べるとやはり食べて飲んでもこんなもんで十分満足できますね!今回は秋田の郷土料理ということで、お酒も秋田で揃えてみました。高清水はとてもお気に入りのお酒です!
damako7.jpg

鍋は良いですね♪皆で鍋を囲んで、色々と話して、笑って、酔っ払って・・・。。この時間はまさしく「プライスレス」!!笑


↓お買物は以下よりどうぞ↓
秋田の郷土料理 きりたんぽ鍋・だまこ鍋のお買物ページ


本日も最後までお付き合い頂きまして有難う御座いました。
国産のこだわり食材を産地直送でお届け
「こっくさん.com」店長の渡邉(ワタ鍋)でした。
↓Facebookアカウントをお持ちの方、是非「いいね!」を!!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

▲ページトップへ